はやり目の悲劇…

さて、運動会前日の悲劇から始まり、はやり目の感染力の強さを学んだ経緯を記録しておきます。

運動会前日に「目が少し腫れている」とわざわざ連絡あり眼科を受診
たかだかはやり目ぐらいで運動会に出してもらえないなんてヒドイ!
と納得していなかったわけですが、その後目薬を繰り返してもなかなか良くならず、なんと翌週1週間登園禁止となってしまいました!!

目薬こんなに頑張っているのに何でだー!!

その間はずっとばぁばにお世話になりっぱなしだったのですが、何せ目だけですから元気いっぱい過ぎて手に負えず、ばぁば疲労困憊しておりました。

なかなか治らないな〜と思っていた程度で、ちゃんと消毒をしたり接触を避けたりなどの感染対策に力を入れていなかったことが原因で、パパとじぃじにうつってしまいました!!
なぜかずっと一緒に過ごしている兄姉やママとばぁばにはうつらない不思議な現象。
手で触った場所には付着したウイルスが残るらしく、おそらく疲れがたまり抵抗力が落ちていたから感染したのでしょう。
何と仕事も休まねばいけないようで、パパは1週間家にいました。
家にいるのに子供とは遊んでもらえないストレス!
別室で息を潜めて生活していただきました。

大人でも治りは悪く、苦戦している間についにばぁばも感染!
消毒頑張ってもダメだったか〜おそるべしはやり目!!

幸いママとこうちゃんとななちゃんはたっぷり寝て抵抗力をつけていたおかげか、逃れることができました。
でもみーちゃん発症からはやり目流行が終息するまで約1ヶ月。こんなに長い戦いになるとは予想していませんでした。

みーちゃんは長い謹慎生活のストレス発散のため、
台風の天候でも頑張ってトランポランドまで行きました!
ずっと行きたがっていたのもあってか、今回は途中でめげずめっちゃ楽しんでました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

秋の公園

次の記事

サッカーづくし