息子の扁桃腺手術〜術後の経過〜

ママは手術日は仕事を休みましたが、女子2人の世話担当なので、基本的に泊まりはばぁばとパパの交代制で、ママは仕事の合間に様子を見に行くくらいです。

点滴は時間毎となり身軽にはなったものの、左手は固定されているので聞き手が使えないままの生活は続きます。
手術翌日から喉の痛みはあっても重湯からスタートです。

熱は炎症があるのでまだまだ38℃台。

止血剤の点滴も続きます。
お供付きの散歩も慣れたものです。
順応とは素晴らしいもので、利き手が使えなくても器用にくつろいでます。

足で漫画が読めるとは!

そして片手で意地でもゲームやってます。
こうやって写真だけ見ると楽しく過ごしてそうに見えますが、やはり食事が苦痛で1口1口を飲み込むのが辛いようです。

抗生剤の点滴とカロナールの内服はずっと続きますが、経過は順調で3日目には五分粥にまで上がりました。

入院中にクリスマスを迎える展開になったため、ここの中間部分は番外編で別にまとめます。

食事も順調に食べられるようになり、5日目には全粥に。

そして予定通り1週間で退院となりまし。ずっと拘束されていた点滴が外れてこうちゃんが真っ先にしたことは漫画でした(笑)

こうちゃんよく頑張った!!

退院おめでとーーー!!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。